NEWSWITCH Members - 記者・編集者

小寺貴之
Kodera Takayuki
編集局科学技術部
記者

中小・ベンチャー担当として本当にたくさん勉強させてもらっています。賢く、スマートなだけでは中小企業やベンチャーは経営できず、必ずクレイジーな博打要素をはらんでいます。ある種の狂気は人を魅了し、多くの人を動かす原動力になりえます。その道は険しいですが、応援者は増え、環境も整ってきました。応援する側としては競合が増えて困るほどです。こつこつとですが、取材を続けさせてください。

説明するAI、社会や行動を変える納得を引き出せるか

自律化トレンドとは違う、AGVの進化が止まらない!

金基板上の「ナノカーレース」で開拓する科学の未踏域

トヨタ・プリファードなど挑む、「研究DXビジネス」の課題

データから新価値創造も、ロボSIerの勝負の舞台が「ソフト」に

「ゴーストキッチンしか生き残る道はない」…厨房機器メーカーが狙う外食の変革

メタバースと現実つなぐ「ARグラス」視界良好、民生用は広がるか

「コスト」ベースから「価値」ベースへ。意識改革を訴える産総研理事長の狙い

日本の見劣り浮き彫り、産学のオープンイノベーションは“お付き合い”を脱却できるか

国の研究機関がPRアワードで最高賞、若者の心を動かした広報戦略

材料開発にAIを応用する「MI」、黎明期に旗振り役を務めた京大教授の懸念

自分の分身を使い分ける。到来“1億総アバター時代”の行方

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる