NEWSWITCH Members - 記者・編集者

江原央樹
EHARA HIROKI
日本能率協会コンサルティング

株式会社日本能率協会コンサルティング(JMAC) ラーニングコンサルティング事業本部事業開発室 シニア・コンサルティングプランナー(エネルギー産業担当) 東京都立大学(現:首都大学東京)を卒業後、映像設備機器商社、半導体商社において海外製品の 営業・マーケティングに従事。その後、2006年に(株)日本能率協会コンサルティングに入社。 東京を拠点とし、大手電力・ガス・石油などのエネルギー企業を中心にコンサルティングおよび教育に関するソリューション提案活動を行うとともに、全国区でエネルギー産業支援を目的とした情報発信ならびに新ソリューションの企画を行っている。地域の経済産業局や自治体との間に幅広いネットワークを有し、再生可能エネルギーやスマートコミュニティ導入検討支援といった各種活動の企画・推進を行っており、経済産業省 中小企業庁の派遣専門家にも登録されている。

北海道電と石狩市の「再生エネで地域連携協定」が画期的な理由

再エネ利用拡大へ、投資でもアップルが推進役になる

【コメント追加】省エネ機器の需要創出なるか…大企業にじわり広がる「ZEB化」の波

花王が自家消費型太陽光発電の運用を拡大する理由

蒸気の減衰を食い止めろ!地熱発電で国内初の長期実証へ

木質バイオマス発電が「能率的」なワケ

大人用おむつの廃棄リサイクルは“地域再生”にも役立つ

養鶏場の新たな収益源に、糞尿を燃料に転換するシステム

FIT契約終了の顧客つなぎとめ、電力大手の有効策は異業種連携!?

太陽光時代の要、“仮想発電所”の実用化近づく

「基本戦略」本格始動、水素社会の実現へ超えなくてはいけない壁たち

無電化の村を照らすパナソニックの発電設備

政府の「環境基本計画」は市場ニーズを探る手がかかりになる

再生エネ電力、需要家同士で売買できる「デジタルグリッド」とは?

中国のEV市場、電池交換式は主役になるか

COP23で逆風が強まった石炭火力、日本が考えるべき三つの視点

日清オイリオ、JFEエンジのコージェネシステム 2工場に設置

熱をためた後で電気に変換する「風力熱発電」、日本でも実証か

「環境目標」と「経営目標」が一体化し始めた!

バイオマス発電を日本で普及させるための4つの課題

「ZEH」戸建て住宅の新たなビジネスチャンスになるか

レジェンド電力が少年サッカーを支援。料金ではなく地域貢献という価値

「ガスか電気かは関係ない」 北海道ガスの快適コーディネート力

「季美の森」がゴルフ好きの街からスマートコミュニティーへ転換を目指すワケ

水素社会への秘策、大都市と地方と結ぶ燃料電池バスはどうだろう?

テスラのマスク氏、今度は地下トンネル高速自動車道の構想発表