NEWSWITCH Members - 記者・編集者

藤元正
FUJIMOTO TADASHI
モノづくり日本会議実行委員会
委員長

1987年入社、一白水星、双子座。SFチックなホラーやミステリーが好みで、ジェームズ・ロリンズのシグマフォースシリーズは翻訳の初巻が出た時からのファン。ミチオ・カク教授の『ザ・フューチャー・オブ・ザ・マインド』には宇宙の彼方まで意識が吹っ飛ばされ、ダニエル・スアレースの『デーモン』とその続編『フリーダム』では、近未来のコンピューター社会の暗黒面に身の毛がよだつ思いがしました。現在はドイツのメルケル首相の顧問などを務めたジェレミー・リフキンの「限界費用ゼロ社会―<モノのインターネット>と共有型経済の台頭』に取り掛かったところですが、IoTは単に工場やホームオートメーションが便利に…なんてものではなく、経済のパラダイムを大転換する可能性を秘めているのだとか。さて、テスラモーターズが自動運転ソフトの日本での提供を開始した1月15日のきょう、直営店の前を偶然通りかかったので、高級EV「Model S D90」の運転席に乗せてもらいました。1回の充電で走れる距離はなんと527km。夢の未来が少しずつ実現のものになってきているようです。疾走するテクノロジーに、加速する現在。未来の衝撃に備えて、しっかりシートベルトを締めてくださいね。

吉野さんらとノーベル賞受賞!グッドイナフ教授らによる最新研究はどれだけすごい?

未来のビジネス創出、イノベーションよりも破壊が重要な理由

未来明るい農業、英IDTechExが「新ロボティクス」で将来動向調査

デジタルモノづくり、ドイツが覇権を握るのか

グーグルによるシャフト買収の裏側と、ヒューマノイドへの期待

『テクノロジー・スタートアップが未来を創る』

化粧品最大手の仏ロレアル、カナダのAR企業買収

スタートアップは製品・サービスより、まず社会や顧客の課題に向き合え

空飛ぶ自動運転タクシー、米キティホークが試作機の動画公開

グーグル、72量子ビットの量子プロセッサー開発

独ダイムラーが「スマートヘッドライト」開発、周囲の状況を路面に高精細表示

公道を走行する自動運転車の映像、360度の眺めぐるり擬似体験