NEWSWITCH Members - 記者・編集者

中西孝樹
NAKANISHI TAKAKI
ナカニシ自動車産業リサーチ
代表

人気アナリストランキングで不動の地位を保った代表的な自動車アナリスト。証券会社、資産運用会社の双方で、マネジメント、調査品質管理責任者、証券アナリストの豊富な経験を有する。山一證券、JPモルガン証券東京支店株式調査部長、アライアンス・バーンスタインのグロース株式調査部長、メリルリンチ日本証券アジアパシフィックの自動車調査統括責任者を経由し、2013年に(株)ナカニシ自動車産業リサーチを設立し代表に就任。オレゴン大学卒。著書に、「トヨタ対VW」(日経新聞出版社)など多数。

日産・セレナが普及価格帯でも自動運転機能を搭載できたコスト削減手法とは

新型「プリウスPHV」の狙いはハイブリッドからの正常進化にある

三菱自の「カタログ燃費」未達、平均4%超という無残な結果から見えてきたこと

インドネシアの租税特赦が自動車販売を2割押し上げる!?

先進運転システムはサプライヤーの形を大きく変える

報告書で明らかになった三菱自全社の病巣。根強い益子氏続投論はこれで封じ込められた

ダイハツ、今日上場廃止。企業ブランドとして光り輝くことは可能か

ホンダ、「系列回帰」ムード高まる。調達方針に変化か

日産主導で三菱自の系列サプライヤーの調達環境は変わるのか

無人運転の公道実験に道筋。遠隔操作を運転者とみなしビジネスは動き出すか

ホンダの国内販売「70万台超」で台数と収益のバランスをどるか

ヤマハ発はオフロードビークルでポラリスの独壇場を崩せるか