NEWSWITCH Members - 記者・編集者

安東泰志
ANDO YASUSHI
ニューホライズンキャピタル
会長

 三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)に入行後、東京・欧州にて、円クロスカレンシーの為替チーフディーラー、非日系企業ファイナンスの部長等を経て経営中枢の企画部門次長を歴任。90年代に英国ならびに欧州大陸の多数の私的整理・企業再生案件について、参加各行を代表するコーディネーターとして手がけた事業再生のエキスパート。  2002年フェニックス・キャピタル(現・ニューホライズンキャピタル)を創業し、代表取締役CEOに就任。現在までに、国内機関投資家の出資による企業再生ファンド8本(総額約2500億円)を組成、市田・近商ストア・東急建設・不動建設・世紀東急工業・三菱自動車工業・ゴールドパック・ティアック・ソキア・日立ハウステック・まぐまぐ・たち吉など、流通・建設・製造業に亘る数多くの企業の株主・取締役としてハンズオンで再生と成長を実現。東京大学経済学部卒業、シカゴ大学経営大学院(MBA)修了。  現在は東京都顧問の職にあり、外部から小池都政に協力している。

東京都も発行した「グリーンボンド」、三井住友FGが660億円発行

証券業界「SDGs」へ動く。規制ではなく投資の力で社会課題を解決

東芝メモリ売却、土壇場で混迷。WDとの交渉に含みは持たす

東京都の戦略特区、“ワンストップ”へ一歩一歩

東芝メモリ、3年後のIPOを目指すべき

「大義」がなければ政策にならない。そこに「共感」がなければ政策は広がらない。

キャスター時代の熱気よ再び。「国際金融都市」の流れが東京に来る

実家で母は私に言った「あなたの居場所はここじゃない」

ネット証券に手数料無料化の波、SBIや楽天が10万円以下に適用

小池知事、就任1年。「東京」にイノベーションハブの芽

金融庁長官、異例の3年目。改革路線は誰のため?

東芝社長、株主総会で「心からおわび」も内部統制が崩壊