NEWSWITCH Members - 記者・編集者

安東泰志
Ando Yasushi
ニューホライズンキャピタル
会長

 三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)に入行後、東京・欧州にて、円クロスカレンシーの為替チーフディーラー、非日系企業ファイナンスの部長等を経て経営中枢の企画部門次長を歴任。90年代に英国ならびに欧州大陸の多数の私的整理・企業再生案件について、参加各行を代表するコーディネーターとして手がけた事業再生のエキスパート。  2002年フェニックス・キャピタル(現・ニューホライズンキャピタル)を創業し、代表取締役CEOに就任。現在までに、国内機関投資家の出資による企業再生ファンド8本(総額約2500億円)を組成、市田・近商ストア・東急建設・不動建設・世紀東急工業・三菱自動車工業・ゴールドパック・ティアック・ソキア・日立ハウステック・まぐまぐ・たち吉など、流通・建設・製造業に亘る数多くの企業の株主・取締役としてハンズオンで再生と成長を実現。東京大学経済学部卒業、シカゴ大学経営大学院(MBA)修了。  現在は東京都顧問の職にあり、外部から小池都政に協力している。

三菱自・水島製作所サプライヤー団体理事長に聞く。先行きの見通しは…?

銀行、日銀の「総括的な検証」に戦々恐々

投資家はサプライチェーン上の人権に目を光らせている

GDPの伸びは大幅下振れ。アベノミクスは振り出しに

生保大手のオルタナティブ投資は進むか。運用環境の悪化で経営陣の選択は?

「担保がなければ貸さない」を脱します!横浜銀が中小企業の成長力で無担保融資

三菱自、株主総会。タコツボ文化の改革は日産からの人材が鍵握る

「マイナス金利がデフレインパクト」(清田JPX最高経営責任者)

地銀61行の今期予想、17%減益。マイナス金利で“四重苦”

ジャパンディスプレイ、3年間の研究開発費に1000億円。高精細化や有機ELに

マイナス金利の“深化”、日銀の金融政策に出口はあるのか

強まる円買い圧力。長期的な国益を考え“強い通貨”を