NEWSWITCH Members - 記者・編集者

加藤百合子
KATO YURIKO
エムスクエア・ラボ
代表

1974年千葉県生まれ。東大農学部にて農業システムの研究に携わり、英国クランフィールド大学で修士号取得、その後米国でNASAのプロジェクトに参画。 帰国後は、キヤノンに入社。結婚を機に静岡に移住し、産業用機械の研究開発に従事する。農業の社会性の高さに改めて気付き、2009年エムスクエア・ラボを設立。2012年青果流通の取引きを取組みに変える「ベジプロバイダー事業」で日本政策投資銀行第一回女性ビジネスプランコンテスト大賞受賞。経済財政諮問会議「選択する未来」専門委員(2014年度)など、中央・地方行政の審議会委員を多数務める。今年から農業ロボットの普及活動に本格的に始め、1月に「地域創生農林水産業ロボット推進協議会」を立ち上げた。現在、日刊工業新聞社100周年「未来大使(アンバサダー)」を務めている。

《加藤百合子の農業ロボット元年#08》私も開発に携わっていきます!

《加藤百合子の農業ロボット元年#07》農業版インダストリー4.0に必要なこと

《加藤百合子の農業ロボット元年#06》この仕事で改めて見てきたこと

《加藤百合子の農業ロボット元年#05》なぜ法人経営体が増えているのか

《加藤百合子の農業ロボット元年#04》農工マッチング、アイデア続出!

《加藤百合子の農業ロボット元年#03》制御工学の知識が生んだホウレンソウの収穫

《加藤百合子の農業ロボット元年#02》アイガモが除草をする日

《加藤百合子の農業ロボット元年#01》「工業」の知見をどこまで引き込めるか

パルス幅100ピコ秒でレーザー出力する回路はどこがすごいのか

摂食障害の原因究明に役立つか?人は食べ物の“におい”で行動する

浜松ホトニクス「世界最小の分光器」が農業向けにモテモテの理由

「ハチ」の代わりになるか!?エスペック子会社が人工授粉装置に参入

電気式に勝った機械式!?震災時にダンパーが揺れを相殺する制御システム

工場から工場へ、熱を運びます。トヨタが排熱輸送を実証中

医師の知見とロボットの緻密な動作が融合する手術へ。オリンパスが試作機を開発

DeNAはUberになれるか!東京五輪までに「ロボットタクシー」実現へ

日本の「疲労・ストレス検診システム」、海を渡る!日立システムズがまず中国で

ニッポンの中小が担う表面処理! 不二機販、独自秘術で硬度化と寿命延長に効果

農学部出身者がベンチャーを変える!辻、出雲が語るそのポテンシャル

島根モデルは「草刈りロボット」の普及につながるか!2年後に商品化へ

ハノーバーメッセで見せつけたドイツ新製造業革命の“本気度”―現地レポートから

燕三条の板金加工メーカーは、いかにして自社ブランド「CANGAL」を作ったか!?

THKの新型軸受にまだまだ日本の可能性を見た!