NEWSWITCH Members - 記者・編集者

峯岸研一
MINEGISHI KENICHI
フリーランス

1950年生まれ。社団法人日本染色協会で、通産省(現経産省)との折衝役を担当。 日本合成繊維新聞へ転じ編集次長を務める。2007年に独立しSFTF(シンセティック・ファイバー&テキスタイル・フューチャー)リサーチを設立、国内外の化合繊業界をくまなく取材し、専門のレポートを月2回配信している。特に繊維業界とは太いパイプを持つ。東京家政大学の非常勤講師でもある。

染色会社の生地保管、社内に切り替えの裏にある中国の事情

旭化成の米セージ買収、国内の自動車内装材向けサプライチェーンに変化も

高成長のエアバッグ市場、旭化成がベトナムでナイロン繊維年1万トン生産へ

インドの民族衣装にも、天然原料由来のキュプラ繊維が世界でモテモテ

日本メーカーの牙城になりつつあるスエード調の人工皮革

エアバッグ基布で後発の帝人、ベトナムで旭化成との蜜月は成就なるか

旭化成、クウェートで過去最大規模の水処理膜受注 

東洋紡とドイツ・PHP、エアバッグ向けナイロンで世界をリードできるか

帝人、エアバッグ基布で大攻勢の理由。2020年度までに生産倍増へ

東レがスエードの人工皮革で攻勢に出る理由

エアバッグ向け繊維の新工場をベトナム作りたい旭化成。直面する課題とは

東洋紡がエアバッグ事業に100億円投資。背景にタカタ問題と・・

セーレン、自動車用シート素材でグローバル展開加速

帝人、炭素繊維関連の大型買収で期待される効果と課題

東レが100億円投資するエアバッグ生地のメキシコ新工場、強さの秘密

東レ、炭素繊維プリプレグをエアバスに初供給

「柔らかな肌触り」が特長の紙おむつ向け繊維、中国で増産

東レの産業繊維事業を占う子会社のタイ新工場

紙おむつの原料増強に70億円投じる三井化学の狙いは?

東レが原糸・原綿のジャパンブランドをラベルで訴求。繊維業界の構造改革につながるか

市場拡大とともに注目される炭素繊維リサイクル。東レと豊田通商が開発へ

東洋紡、エアバッグ基布原事業の課題と可能性

紙おむつの需要を取り逃すな!三井化学が原料増産へ

日本触媒がベルギーで紙おむつ原料供給。P&Gの事業拡大見据える

ファッションと機能と環境と。東レ、植物由来素材を水着に採用

東レが伊社に出資した理由。炭素繊維で一貫体制狙う

ユニチカ、成長戦略でカギを握る「糸」の技術

帝人グループ、繊維事業の再構築進む。メタ系アラミド繊維のタイ生産はその象徴!?

不織布需要が止まらない!旭化成せんい「ベンリーゼ」の生産増強

中核4事業とも能力増強へ。旭化成せんいの最新事情に迫る

タイで紙おむつ用繊維を増産する旭化成せんい。主原料の供給に課題?

日本が世界で戦える機能性繊維。セーレンがスポーツウエア向け新素材

糸で回路、生地を基板に「賢い繊維」はもはやエレクトロニクス製品!?

旭化成、浅野社長が成長投資に打って出る分野とは!?

ニッポン繊維の最強製品「不織布」はどこまでグローバル成長するか!?

染色最大手のセーレン、「革を超える新素材」で攻め込む中国自動車市場

帝人フロンティア、エアバッグ基布の海外生産でライバル追う

東レ、環境配慮の人工皮革をトヨタ車に供給

自動車の軽量化を考える(5)高い耐熱性、PEEKに熱視線