NEWSWITCH Members - 記者・編集者

藤木信穂
Fujiki Shiho
編集局第二産業部
記者

4月から製薬業界を担当。 出版社を経て2004年入社。科学技術部の記者を約15年務め、半導体、情報通信、エレクトロニクス、脳科学、量子コンピュータ、AI、素粒子物理、電機・IT企業の研究開発などを幅広く取材。大学は理系、大学院は文系で学ぶ。学士(物理)、修士(学術)、博士課程単位取得満期退学(科学技術史)。産業と科学、アートとサイエンスをつなぐ取材、研究に従事。全国の美術館を巡る連載も担当する。研究者の取材はライフワーク。いつか論文にまとめたいのは加速器と科学、産業界との連携の歴史。STEAMライター。趣味は茶道。

“相場の神様”の収集品を基に創立、日本初の日本画専門美術館が担う役割

日本IBMと連携、中外製薬が加速する医薬品製造DXの全容

“子育て世代にやさしい”協和キリン高崎工場に見る、生産現場のダイバーシティー

うつ病治療にはVRが効く!?帝人ファーマ・大塚製薬など研究開発を急ぐ

急ぐ製薬メーカー、再エネ電力に早期切り替え

炎症性腸疾患患者の“見えない壁”を取り除こう、新プロジェクトが発足

「市場縮小」「エネルギー価格高騰」が重し…医薬品卸は業績をどう伸ばすか

製薬メーカーたちが研究開発費を大幅に増やす背景

女性が“隠れ我慢”せずに活躍する社会に、製薬メーカーが婦人科受診促進

350年の歴史で収集した文化遺産を収蔵、三井記念美術館のシンボル

いよいよ実用化、国産コロナワクチンの現在地

東急グループの礎を築いた五島慶太、古美術収集の豪腕もすごかった!

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる