NEWSWITCH Members - 記者・編集者

高橋北斗
HOKUTO TAKAHASHI
情報工場

1982年生まれ。早稲田大学を卒業後、日経新聞のグループ会社で金融情報サービスを手掛けるQUICKに入社。8年間営業を経験した後、萌えキャラクターが株価や企業情報を発信するという新規事業を立ち上げる。プロジェクトリーダーとしてWeb、SNS、アプリ、書籍などの企画・運営・プロモーションなどを幅広く担当した。2018年より書籍ダイジェストサービスSERENDIP(セレンディップ)を運営する情報工場に参画。 書籍ダイジェストサービスSERENDIPは、厳選した本のハイライトを約10分で読めるダイジェストにして提供するサービス。国内の本だけではなく、まだ日本で出版されていない(日本語に翻訳されていない)海外で話題の本も毎週、日本語のダイジェストにして紹介している。ビジネスパーソン約6万人の有料会員が利用中。

人を虜にする、うどんの「食感」はどうやって生まれるのか

「うつ」は「炎症」の一症状という 免疫精神医学の新しい考え方

「地球は丸くない」と信じる人々に、どう「科学」を伝えるべきか

イーロン・マスクがテスラのEV開発で描く壮大なストーリー

『トイ・ストーリー4』公開前に知っておきたいピクサーのインサイド・ストーリー

北海道発「光技術専門大学」が示す理想的な“共創”の形

コンビニも宅配も…人手不足問題を解消する「日本型ロジスティクス4.0」の実力

デジタルでは足りない、アナログ復権の裏に“不完全”の価値

私たちの「鼻」のポテンシャルを見直してみませんか?

イオン創業期の女性経営者がいちばん大切にしたもの

ラーメン、焼きギョウザを“進化”させた「プラットフォーム」の威力

国連への寄付が2倍に、「VR」が生み出す共感力の威力