清水 信彦 しみず のぶひこ

2001年日刊工業新聞社入社。中四国支社(現広島総局)、本社第一産業部IT担当、機械担当、鉄鋼担当、自動車担当、名古屋支社自動車担当を経て現在広島総局に舞いもどる。広島は酒と魚がおいしく天災が少ないいいところ。趣味は睡眠と映画、カラオケ。

清水 信彦さんがクリップした記事

マツダ系有力サプライヤー、スバルや三菱にもビジネスが広がる理由

クルマ新時代

マツダ系有力サプライヤー、スバルや三菱にもビジネスが広がる理由

「マツダ3」の外観がよく風切り音が少ない理由

クルマ新時代

「マツダ3」の外観がよく風切り音が少ない理由

次期「マツダ3」の“骨格”が見えた!

クルマ新時代

次期「マツダ3」の“骨格”が見えた!

「新世代元年」、マツダ社長が語った絶対に妥協しないこと

クルマ新時代

「新世代元年」、マツダ社長が語った絶対に妥協しないこと

マツダが30年めど全車に電動化技術、その中身は?

クルマ新時代

マツダが30年めど全車に電動化技術、その中身は?

マツダの次世代エンジン、試作は2回だけ!?

クルマ新時代

マツダの次世代エンジン、試作は2回だけ!?

きめ細かなカニ配送を支える2倍速ピッキング

食・旅

きめ細かなカニ配送を支える2倍速ピッキング

交通網断絶、マツダの操業停止長期化も

クルマ新時代

交通網断絶、マツダの操業停止長期化も

マツダの命運を握る「米国」

クルマ新時代

マツダの命運を握る「米国」

株式市場も見放すマツダの停滞、「FR」車は成長の切り札になるか

クルマ新時代

株式市場も見放すマツダの停滞、「FR」車は成長の切り札になるか

マツダ「アテンザ」、次期モデルはFRか

クルマ新時代

マツダ「アテンザ」、次期モデルはFRか

マツダが世界販売200万台へ車種を「スモール」と「ラージ」に分ける意味

クルマ新時代

マツダが世界販売200万台へ車種を「スモール」と「ラージ」に分ける意味

販売伸び悩み「CXー3」、デミオからアクセラに大型化しテコ入れ

クルマ新時代

販売伸び悩み「CXー3」、デミオからアクセラに大型化しテコ入れ

「スカイアクティブX」エンジンとHCCIの違いを教えよう

クルマ新時代

「スカイアクティブX」エンジンとHCCIの違いを教えよう

クルマ1台丸ごと数値化、マツダは自動車開発を一変させるか

クルマ新時代

クルマ1台丸ごと数値化、マツダは自動車開発を一変させるか

次世代「スカイアクティブ」で変わるマツダの購買

クルマ新時代

次世代「スカイアクティブ」で変わるマツダの購買

マツダ系主力部品メーカー、トヨタグループで存在感

クルマ新時代

マツダ系主力部品メーカー、トヨタグループで存在感

「賀茂鶴」というブランドがある中で、幻の酒米に未来を問う

食・旅

「賀茂鶴」というブランドがある中で、幻の酒米に未来を問う