NEWSWITCH Members - 記者・編集者

山本佳世子
Yamamoto Kayoko
編集局科学技術部
論説委員兼編集委員

1964年生まれ。理学部化学科(お茶の水女子大)、工学系修士(東京工業大)のリケジョのち科学技術記者(企業担当も少々)。04年の国立大学法人化を機に創設された「大学・産学連携担当」にハマって抜けなくなる。産学官連携をテーマに社会人入学をして博士号(学術、東京農工大)。取材先にも読者にもすり寄らない記者特性“どっちつかず”から、「産と学」「科技と大学」をフラフラする。文部科学省記者クラブ常駐。東工大、電気通信大などで非常勤講師。著書は「研究費が増やせるメディア活用術」「理系のための就活ガイド」「理系女性の人生設計ガイド」。ブログは「産学連携取材日記」。

10兆円ファンドvs地域・特色振興パッケージ… 研究重視のすべての大学に好機あり

AI研究者100人に拡大…サイバーエージェントが博士人材に寄り添う理由

早大総長選、再任の決め手は何だったか

地方国立大の定員増、中四国3大学の決め手は?

競争率5倍、多くの大学の関心が向かう内閣府「地域中核イノベ事業」の魅力

AI機械学習のバイアスを可視化する、米マイクロソフトとお茶の水女子大が組んだ

百戦錬磨のJST新理事長が明かす、研究支援の専門人材「URA」に手を差し伸べる可能性

工学院大が開始、「建築デジタルツイン教育」の中身

研究の専門性重視でスカウト…理系大学院生の理想の就活で存在感示すサービスの正体

環境エネをDX技術でリードする人材育成の中身

文科省が指針、大学の研究機器の共同利用は浸透に濃淡あり

性差視点で研究開発、注目集まる「ジェンダード・イノベーション」の有望分野

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる