NEWSWITCH Members - 記者・編集者

小寺貴之
Kodera Takayuki
編集局科学技術部
記者

中小・ベンチャー担当として本当にたくさん勉強させてもらっています。賢く、スマートなだけでは中小企業やベンチャーは経営できず、必ずクレイジーな博打要素をはらんでいます。ある種の狂気は人を魅了し、多くの人を動かす原動力になりえます。その道は険しいですが、応援者は増え、環境も整ってきました。応援する側としては競合が増えて困るほどです。こつこつとですが、取材を続けさせてください。

文科省がデータ駆動型の材料研究開発プロ始動。10年間で目指す基盤とは?

「養鶏AI」導入の壁。SaaSビジネスが突破口になる

カメラ1台で100羽以上を行動データ収集。「養鶏AI」の生かし方

動物福祉の批判に応えるカギ握る「養鶏AI」。駆使した飼育に注目集まる

動物福祉と経済性、日本の養鶏は両立できるのか

日本学術界の命題「研究開発DX」、小さな国立研究開発法人が先鞭

2050年のカーボンニュートラル実現に向けたNEDOの本気度

介護用の見守りセンサーが転換期。補助金頼みの市場構造から脱却できるか

科学技術予算は「不十分」、悪化の一途たどる研究環境をNISTEP定点調査で検証する

「ビヨンド5G」に300億円、情通機構が計画するオールジャパン戦略の中身

“天地がひっくり返った”と言われる産総研のガバナンス改革の成果

トヨタも挑戦、データ・AI活用の材料開発「MI」はあまねく浸透するか