NEWSWITCH Members - 記者・編集者

小寺貴之
Kodera Takayuki
編集局科学技術部
記者

中小・ベンチャー担当として本当にたくさん勉強させてもらっています。賢く、スマートなだけでは中小企業やベンチャーは経営できず、必ずクレイジーな博打要素をはらんでいます。ある種の狂気は人を魅了し、多くの人を動かす原動力になりえます。その道は険しいですが、応援者は増え、環境も整ってきました。応援する側としては競合が増えて困るほどです。こつこつとですが、取材を続けさせてください。

「コスト」ベースから「価値」ベースへ。意識改革を訴える産総研理事長の狙い

日本の見劣り浮き彫り、産学のオープンイノベーションは“お付き合い”を脱却できるか

国の研究機関がPRアワードで最高賞、若者の心を動かした広報戦略

材料開発にAIを応用する「MI」、黎明期に旗振り役を務めた京大教授の懸念

自分の分身を使い分ける。到来“1億総アバター時代”の行方

日本で技術革新を起こすなら“竹槍”は捨てリスクマネーに挑む必要がある

原発廃炉へ大きな一歩、5年ぶり調査ロボ投入は構造問題を変える起点になるか

東大とNTTが開発挑む「10億量子ビットの光量子コンピューター」、パラダイムシフトなるか

トヨタも参画「磁石」の大型研究開発、「データ駆動」で効率高める

「官」主導で世界に先行するニッポンの自動運転技術、自動車メーカーの現在地は?

「トヨタだからできた」。生活支援ロボットで生まれた学術界×産業界の理想型

【動画あり】「災害に強いロボ」が競い合う、福島の地で世界大会「WRS」開幕