NEWSWITCH Members - 記者・編集者

小寺貴之
Kodera Takayuki
編集局科学技術部
記者

中小・ベンチャー担当として本当にたくさん勉強させてもらっています。賢く、スマートなだけでは中小企業やベンチャーは経営できず、必ずクレイジーな博打要素をはらんでいます。ある種の狂気は人を魅了し、多くの人を動かす原動力になりえます。その道は険しいですが、応援者は増え、環境も整ってきました。応援する側としては競合が増えて困るほどです。こつこつとですが、取材を続けさせてください。

教育現場に新しい学びの形、メタバースブームでVRに転機

京大が基盤開発に挑む、AI時代の新しい民主主義の形

監査業務は代替困難、理研が明らかにしたAI時代の会計士の価値

全固体電池で生かす、物材機構がMOP推進で産業界の技術力底上げ

「翻訳AI」「量子ネットワーク」…情通機構理事長が明かす戦略研究の現在地

物材機構初のプロパー理事長が語る、結果で応えたい問いと国研の弱点

理研・五神理事長が力説、量子の未来と資本主義の修正

事業規模拡大するNEDO、理事長に必要な資質

若手研究者の環境整備で先鞭付けた産総研、理事長が明かす「博士型任期付研究員制度」廃止の背景

世界と伍する研究を推進する大学新制度、学術界から異論噴出のワケ

研究開発で稼ぐ産総研、外部人材育成の器に

融合研究で社会課題解決、産総研は産業競争力に貢献する

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる