NEWSWITCH Members - 記者・編集者

藤元正
Fujimoto Tadashi
モノづくり日本会議実行委員会

1987年入社、一白水星、双子座。SFチックなホラーやミステリーが好みで、ジェームズ・ロリンズのシグマフォースシリーズは翻訳の初巻が出た時からのファン。ミチオ・カク教授の『ザ・フューチャー・オブ・ザ・マインド』には宇宙の彼方まで意識が吹っ飛ばされ、ダニエル・スアレースの『デーモン』とその続編『フリーダム』では、近未来のコンピューター社会の暗黒面に身の毛がよだつ思いがしました。現在はドイツのメルケル首相の顧問などを務めたジェレミー・リフキンの「限界費用ゼロ社会―<モノのインターネット>と共有型経済の台頭』に取り掛かったところですが、IoTは単に工場やホームオートメーションが便利に…なんてものではなく、経済のパラダイムを大転換する可能性を秘めているのだとか。さて、テスラモーターズが自動運転ソフトの日本での提供を開始した1月15日のきょう、直営店の前を偶然通りかかったので、高級EV「Model S D90」の運転席に乗せてもらいました。1回の充電で走れる距離はなんと527km。夢の未来が少しずつ実現のものになってきているようです。疾走するテクノロジーに、加速する現在。未来の衝撃に備えて、しっかりシートベルトを締めてくださいね。

IoT通信サービスで急成長のソラコム、グローバルベンチャーへの可能性

被曝少なく妊婦・子どもにも使える全身PETスキャン、米国の大学が実用化へ

酵母の染色体の3割を新たに設計、年内にはゲノム完全合成も実現へ

DNAストレージは「情報爆発」を解決する切り札となるか

米でW杯決勝 「日本のスタートアップが世界で活躍するには」

光を当てるだけの折り紙技術で、平面シートから立体形状

協働ロボットのニューウェーブ、独フランカ・エミカのCEOに聞く

これもアベノミクス?3月の独CeBIT展に日本企業が続々参戦

Google、オープンソースAIソフト「テンソルフロー」をアップグレード

中心部だけ詳細な「タカの目」イメージセンサー、独シュトゥットガルト大が開発

「ワトソン+IoT」でイノベーション、IBMが独ミュンヘンに拠点開設

米インテル、アリゾナ州の最先端半導体工場に70億ドルを投資