NEWSWITCH Members - 記者・編集者

永里善彦
Nagasato Yoshihiko

創造科学研究所代表、文部科学省中央教育審議会大学分科会大学院部会等委員、旭リサーチセンター元代表取締役社長、京都大学大学院エネルギー科学研究科博士後期課程修了(エネルギー科学博士)。 1965年旭化成工業株式会社(現旭化成)入社後は、情報システム部門、エンジニアリング部門、半導体部門などに勤務。1987年より旭リサーチセンターに出向、主としてエネルギー・環境分野を専門に国際的視野にたち活躍する。2004年旭リサーチセンター代表取締役社長。環境省中央環境審議会総合政策部会/地球環境部会等委員、一般社団法人日本経済団体連合会未来産業・技術委員会産学官連携推進部会長、平安女学院大学客員教授などを務めた。専門のエネルギー・環境分野のほか、比較人類学、民俗学、方言学に精通。旅行が趣味。出張なども含め現在までに62の国・地域を訪れている。

COP21迫る。産業革命後の気温上昇を抑える枠組みを作れるか

COP21迫る。日本の優れた高効率火力発電を生かせるか

「もんじゅ」の運営主体変更へ。原子力規制委が初勧告

日本は原発技術で海外を支援できるか

川内原発「最終点検作業」ベースロード電源への道のりは・・

東ガス、東京・芝浦でエネ相互融通―18年に運用開始

鬼怒川決壊「奇跡の白い家」から見る温暖化対策のこれから

原発「大量廃炉の時代」日本はどう乗り越えるのか

原発再稼働で「文系」と「理系」の意見はなぜ異なるのか

日立は“鉄道乱世”の覇者になれるか

住宅各社が「ネット・ゼロエネルギータウン」競う

厳しい業績が続く石油精製・元売り。M&Aか撤退か