NEWSWITCH Members - 記者・編集者

永里善彦
Nagasato Yoshihiko

創造科学研究所代表、文部科学省中央教育審議会大学分科会大学院部会等委員、旭リサーチセンター元代表取締役社長、京都大学大学院エネルギー科学研究科博士後期課程修了(エネルギー科学博士)。 1965年旭化成工業株式会社(現旭化成)入社後は、情報システム部門、エンジニアリング部門、半導体部門などに勤務。1987年より旭リサーチセンターに出向、主としてエネルギー・環境分野を専門に国際的視野にたち活躍する。2004年旭リサーチセンター代表取締役社長。環境省中央環境審議会総合政策部会/地球環境部会等委員、一般社団法人日本経済団体連合会未来産業・技術委員会産学官連携推進部会長、平安女学院大学客員教授などを務めた。専門のエネルギー・環境分野のほか、比較人類学、民俗学、方言学に精通。旅行が趣味。出張なども含め現在までに62の国・地域を訪れている。

伊方原発の運転差し止め、9万年前の阿蘇山噴火から考えるべきこと

日本の品質不正、原発再稼働にも影落とす

再稼働の原子炉は「PWR」ばかり。「BWR」はどうなった?

旭化成がドイツでCO2フリー水素 

柏崎刈羽「適合」、日米原子力協定の自動延長へ追い風に!?

化学業界のクセを熟知した無駄な競争をさせないしかけ

柏崎刈羽原発「合格」最終判断へ。BWRの再稼働は加速するか

苦境の関電、「大飯原発」再稼働に備え

OPECvsシェールは「シェールが勝つ」、どうする日本のエネルギー調達

大廃炉時代の到来?中国電、島根原発1号機の廃炉に着手

中小企業に聞いてみた。電力値下げで関電と新電力、どっちを選択?

燃料デブリ撮影、廃炉に向け見えてきた課題と期待