日鉄住金テックスエンジ株式会社

湯井 美江さん

リケジョ小町No.92

建築物の設備設計や施工管理、検査

1級建築士の資格をもつ湯井美江さん(29)は、日鉄住金テックスエンジ(東京都千代田区)の建築部門における大卒女性採用1期生。建築物の設備設計や施工管理、検査などを担当し、2週間に一度は現場に足を運ぶ。難関の1級建築士だけでなく、1級管工事施工管理技士や甲種4類消防設備士などを次々と取得。「数年後には、その上の設備設計1級建築士を受験したい」と意欲を見せ、建築設備設計のスペシャリストを志す。

住宅リフォーム番組を見て憧れ

「もともと建物の意匠設計に関心がありました。高校生の時、テレビで住宅リフォームの番組を見て、自分もやってみたいと思ったのがきっかけです。最後に顧客が喜ぶ姿を見るのが楽しみでした」

「近畿大学工学部建築学科で設計を学び、卒業設計では“シャッター通り商店街”の活性化を目的に、店舗と住居が一体となった建物と街区を設計しました。圧迫感のない低層の建物とすることで、曲線を基調に柔らかくデザインしました。私の地元である山口県岩国市の商店街を元気にできないかと考えたのが動機です」

建築設備の仕事を極めたい

「入社3年目の施工研修では、山口県下松市の独身寮建設に携わりました。研修中の身でしたが、完成時には顧客にとても喜んでもらえて、やりがいを強く感じました。黙々と行う作業ではありますが、顧客や協力会社など、いろいろな人との関わりを持てる仕事でもあります。将来の夢も今の建築設備の仕事を極めること。受験資格を得たら、すぐに設備設計1級建築士に挑戦したいのもそのためです」

「趣味は旅行。旅先でも目が行くのはやはり建築物ばかり。一昨年、スペインに行った目的もアントニ・ガウディの作品群を見に行くことでした。サグラダ・ファミリアには「これを人の手でつくれるんだ…」と、ただただ圧倒されました」

リケジョクイズwebバックナンバー