東邦ガス株式会社

井上 未来さん

リケジョ小町No.79

ガスヒートポンプの改良

「研究所に閉じこもらず、社外の方とも協力して仕事できるのは楽しいですね」。東邦ガスでガスヒートポンプ(GHP)の改良に従事する井上未来さん(26)はこう目を輝かせる。GHPのメンテナンス費を減らすべく、エンジンオイルの長寿命化に取り組む。メーカーと共同で新しいオイルを開発し、実際に試して改善を加える日々。「将来はメンテナンス費の削減だけでなく、GHPがもっと魅力的な商品になるような提案をしたい」と充実の毎日を過ごす。

「なぜそうなるの?」を連発

「子どもの頃から「丸暗記」は嫌いでした。姉2人は文系でしたが、私は数学の公式などにも「なぜそうなるの?」と質問を連発。家族からも「理系向き」と言われ、高校では迷わず理系を選びました」

「横浜市立大学では燃料電池研究に携わりました。電極触媒に炭素材料の一種であるカーボンナノウォールを応用する研究です。白金の使用量を抑えながら、触媒としての性能向上も期待できます」

「大学院時代も含め3年半ほど燃料電池を研究したので、就職先もエネルギー業界を希望しました。研究もしたいし、お客さんとも近い仕事が良いと考えて就職先を探したところ、研究職採用をしている東邦ガスに出会いました」

トランペットで息抜き

「現在研究するガスヒートポンプは、ガスエンジンを使ってビルや学校などの冷暖房を行うシステムです。エンジンは私にとって未知の領域でしたが、実験や作業の段取りなどは燃料電池の研究とも共通しています。また社内外の研究者とも関わり、さまざまな視点を学べます」

「息抜きは楽器を吹くこと。大学時代にビッグバンド・ジャズの部活動に入り、トランペットを担当しました。週2回の厳しい練習を乗り越え、4年生の時には全国大会に出場しました。今でも社内サークルに入り、週1回は練習しています。野球部の応援や福祉施設での慰問演奏に出かけることもありますよ」

リケジョクイズwebバックナンバー