東レエンジニアリング株式会社

伴 昌子さん

リケジョ小町No.61

高分子樹脂の製造プラント設計

 「答えがきっちりでる算数が小さい頃から好きで、夏休みの宿題の計算ドリルは真っ先に終わらせていた」と笑顔を見せるのは、東レエンジニアリングの伴昌子さん(35)。理系に進んだ姉に憧れ、自然と背中を追う。今は同社がマレーシアで建設する高分子樹脂の製造プラントの設計を担当。生産の流れを設計し、最適な機器類を選定するのが主な役割。同プラントが試運転を開始する2018年初頭には、3度目の海外駐在が控える。

コメ30キログラムを持ち上げられます

 名古屋工業大学工学部を卒業後、同大院に進学。研究室OBの話を聞くうちにプラント設計に興味を持ったのが、この業界に入るきっかけとなりました。就職活動を続ける中で、地元滋賀にもエンジニアリング会社があると知り、採用試験に挑むことに。面接では『コメ30キログラムを持ち上げられます』と力自慢し、面接官の皆さんに笑ってもらえました。素の自分を評価してくれた会社にはとても感謝しています。

 はマレーシアで建設を進める高分子樹脂プラントの設計を担当しています。実際に製造するもののフロー(流れ)を考え、これに見合う最適な装置を選定します。

緊張感忘れず 安全第一

 この仕事は限られた予算内で顧客の要望にどれだけ近づけたプラントを設計できるかが難しく、“壁”に当たることもあります。そんな時は経験豊富な上司や先輩が良きアドバイスをくれるので、周りの方々に助けられて仕事をしているのだと日々感じます。

 担当のプラントが試験運転を始める18年初頭には約5カ月間のマレーシア駐在が待っています。3度目の海外駐在ですが、緊張感を忘れず『安全第一』で任務を遂行したいと考えています。

 休日の息抜きは美容室やネイルサロンに行き、自分磨きをすること。最近はまっているのは「お取り寄せグルメ」。おいしいものを家族で囲むのが好きな時間です。

リケジョクイズwebバックナンバー