未来を創るリケジョNo.3

早崎 沙彩さん

生物好きから細胞の世界へ

早崎 沙彩(はやさき・さあや)さん
応用化学専攻(リーディングプログラム生)2年

「生物好き」から細胞の世界へー。早崎沙彩さんは、「細胞の力学応答測定系構築」という言葉にするとかなり難しい研究テーマに取り組んでいます。大学院のリーダー教育とも呼べるリーディングプログラムの一期生。バリバリのリケジョと思いきや、所属する研究室の跡見順子客員教授によると、彼女のことを「人間をしっかり観ることができる文学的な才能を持っている」と評価しています。こちらが取材中になぐり書きした文字をみて、「それって新聞社の記号ですか?」

細胞の働きを解明し健康や医療に貢献

早崎 沙彩さん

小さいころは「ドリトル先生(米国の児童文学作品)」とかが好きでした。昆虫とか、動くものに興味があったんです。なので大学では生物を学びたいという希望は持っていましたが、職業にはなりにくいと思っていました。福岡県に住んでいて、ほとんど農工大のことを知らなかったので、その分、余計なレッテルもなく、入学してからいろいろ自由なことができました。女子だけの「農工女子会」というのを作って、OGの方を呼ぶ企画をしたり。

今の研究室では、身体を細胞から考えよう、意識しようということに取り組んでいます。人間の細胞が力を発揮する一番の元は細胞接着のプロセスなんです。がん細胞は、柔らかくなったりしているので、細胞の状態をシステムとして解明することで、早期発見などに貢献できれば。

(ここで跡見先生が助っ人に入る。【動くことは細胞がやっていることで、それを力学的に捉えることで健康増進につながるんです】)。私がこれをちゃんと説明できるようにならないといけないんですが(笑)。例えば、寝たきりは、低重力の状態という意味で宇宙に近い。筋力を使っていないので。だから寝たきりの状態を調べることで「健康」の研究につながるんです。

去年は重力のない環境を研究する宇宙関連の学会で発表する機会があり賞も頂きました。ある人からは「いいね」と言われたり、逆に違う視点も提示されたり、とても勉強になりましたね。もともと人と話すのが好きなんです。だから研究者として 大学にいるだけでは物足りなかったので、リーディングプログラムを選びました。
リーディングプログラムは、研究一辺倒ではなく、地球環境や人類の将来について考え、海外での経験を積むことで、実社会で活躍できるリーダーを養成する大学院プログラムです。 今後は半年ぐらい海外留学に行きたいですね。

研究だけではなく、マーケティングや記者に興味あり

早崎 沙彩さん

卒業したらメーカーに就職するつもりでいます。もともと自分は研究に向いているとは思っていなくて、マーケティングとかにも興味があるんです。でも博士過程までいったらやっぱり研究職ですかね・・。あるメーカーがいいな、と思って実際に見学に行ったことがあるんです。駅を降りたら、全員がその会社の人たちで、そんな環境は嫌だなと思いました(笑)。あと新聞を読むのも好きなんで、新聞記者もいいですね。(うちの新聞社は記者にリケジョも多いので来ませんか?)。興味はあります(笑)。