米ウーバー、ソフトバンクや投資会社に一部株式の売却検討

経営混乱で初期株主が離反?

 配車サービス最大手の米ウーバー・テクノロジーズ(サンフランシスコ)の株主や取締役会が、同社の一部株式をソフトバンクグループはじめ、ほかの投資家に売却することについて議論したとブルームバーグが報道した。

 ウーバーは未上場ながら企業評価額が690億ドル(約7兆7000億円)とされる世界最大のスタートアップ。その一方で、セクハラ(性的嫌がらせ)や社内での差別など度重なる不祥事により、創業者CEOの辞任や幹部人材の流出が続いている。さらに米リフトなどライバルとの競争も激しくなっていることから、持ち株を減らしたい初期株主の意向が強く働いているという。

 株式売却については、創業直後からウーバーに対し資金支援をしてきたシリコンバレーのベンチャーキャピタル(VC)、ベンチマークが主導。同社は主にアーリーステージの企業に資金を供給するVCで、他にもツイッターやドロップボックス、スナップチャット、イェルプ、ウィーワークなど名だたるスタートアップへの出資実績がある。

 ただ、どれくらいの株式がいくらで売りに出されるかは不明。売却についてもウーバーの取締役会で承認される必要がある。2009年に同社を創業したトラビス・カラニック氏は6月にCEOを辞任したとはいえ、取締役のポストにはとどまっており、初期株主の持ち株売却に反対しているとされる。

2017年7月15日付日刊工業新聞電子版
ブルームバーグの報道

藤元 正

藤元 正
07月15日
この記事のファシリテーター

世の中は困った時のソフトバンク頼み、になっているようです。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。