ハウステンボスの夜空に発光ドローン300機、夏期イベント開催へ

インテルががショー専用のドローンをプログラムで制御

 ハウステンボス(長崎県佐世保市、澤田秀雄社長)と米インテルは、発光する約300機の飛行ロボット(ドローン)で夜空を彩るイベント「ドローン・ライトショー」を7月22日から8月5日までハウステンボス園内で開催する。音楽に合わせ自動制御のドローンが搭載したLED(発光ダイオード)の光で夜空に文字や絵を浮かび上がらせる。花火との共演も行う。

 インテルはドローン事業に注力しており、海外を中心にドローンの開発キット、送電線などの点検、飛行計画のソフトウエアを提供し、多数のドローンによるライトショーを手がけている。ライトショーは米国、ドイツ、豪州、メキシコなど多数の国で実績があり、米ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)の王座を決めるスーパーボウルのハーフタイムショーでも演出に採用された。

 今回のショーは、ハウステンボスと子会社のハピロボ(東京都港区)が演出する。インテルがショー専用のドローンをプログラムで制御。約40億通りの光の色彩で観客を楽しませる。一度に多数のドローンを飛ばして制御する技術に特徴があるという。

 インテルのドローン・ライトショーの日本での実施は初となる。澤田社長は「ハウステンボスは私有地なので安全面を担保すればドローンの規制に縛られずいろいろ挑戦できる。ライトショーは素晴らしいイベントなので多くの人に体感してもらいたい」と期待を寄せている。

日刊工業新聞2017年6月28日

明 豊

明 豊
06月28日
この記事のファシリテーター

これ、面白い!インテル“ドローンに入ってる"時代になるか。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。