革新機構、東芝メモリ株の過半取得で経営権握る

投資判断迅速に韓国・サムスンに対抗

 東芝の半導体子会社「東芝メモリ」の売却をめぐって優先交渉権を得た日米韓連合の構成企業のうち、中核を担う政府系ファンド・産業革新機構が議決権ベースで東芝メモリ株式の過半を取得する意向であることが21日までに分かった。革新機構は東芝メモリの経営権を握って設備投資などの判断を迅速にし、メモリーで競合する韓国サムスン電子に対抗できるようにする。一方、同連合への参加準備を進める複数の日本企業は、議決権のない優先株を引き受ける形で出資する見込み。

 革新機構と政投銀の日本勢は4000億円を出資し議決権ベースで66%超を握る。このうち革新機構が50%超を占める方向で調整する。これにより、日米韓連合は寄り合い所帯になるため迅速な経営判断が難しいのではとの懸念を払拭(ふっしょく)する。

<全文は日刊工業新聞電子版に会員登録して頂くとお読みになれます>

日刊工業新聞2017年6月22日

後藤 信之

後藤 信之
06月22日
この記事のファシリテーター

産業革新機構の東芝メモリへの出資額は3000億円。その金額で経営権を取れるストラクチャーを組んだ。関係者との調整はなかなか大変だったのではないか。SKハイニックスはローンで4000億円超を出すという。経営に口出しできない形でお金を出す意図は何なのか。不気味な存在だ。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。