ウールジャパンで世界にアピール

ニッケが神戸に高級オーダースーツ販売店をオープン

 日本毛織(ニッケ)は糸から縫製まで自社で国内一貫生産する高級オーダースーツの販売店「NIKKE 1896」を、ニッケ神戸本店(神戸市中央区)内で15日にオープンする。身体に合ったスーツを求める30代以上のビジネスマンを主なターゲットとし、基本価格帯が10万円以上の高級スーツを販売する。同社が一貫生産する販売店は初めて。

 スーツの原毛はニュージーランド産で、羊が生まれて最初に刈ったものを100%使う。これだけで商品を製造するのは世界初という。紡績から縫製まで国内の自社工場や協力工場で行う。

 スーツの原料や製造工程などに精通した「スーツソムリエ=写真」の肩書を新たに設け、客からの注文に柔軟に対応する。今後は需要動向を見ながら、店舗の新設も検討する。

 ニッケはクールジャパンならぬ“ウールジャパン”を掲げ、「羊毛でできるスーツの良さを出していきたい」(富田一弥社長)としている。

日刊工業新聞2017年6月15日

尾本 憲由

尾本 憲由
06月16日
この記事のファシリテーター

最近は普段着はおろか仕事着でさえ、頭のてっぺんからつま先までファストファッションに身を包んでいる。紳士服の量販店からも足が遠のいてしまった。ただ、それなりの年齢にもなったので、一度ぐらいオーダースーツを仕立ててみたいものだけれど・・。とりあえずオーダーシャツからチャレンジしてみようか。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。