新宿・歌舞伎町で最先端のVRゲームを体験!「マリオカート」など16種類が遊べる

バンダイナムコ、エンターテインメント施設オープン

 バンダイナムコエンターテインメントは7月14日に、仮想現実(VR)などの最新技術を応用したエンターテインメント施設「VR ZONE SHINJUKU(VRゾーンシンジュク)」を新宿・歌舞伎町に開業する。人気ゲーム「マリオカート」などの世界が体感できる16種類の体験型の作品を有料で提供する。2019年3月までの開業期間中に、100万人の動員を目指す。同社の堀内美康執行役員は「新宿を拠点に、世界中にVR施設を展開していく」とし、18年3月期までに国内外で20店舗を出店する方針だ。

 VRゾーンシンジュクは専用ゴーグルを装着し、頭の動きに合わせて視界が360度動いたり、専用マシンが体験者の手や足の動きを認識してVR映像に反映したりする作品を体験できる。「マリオカート アーケードグランプリVR」は専用マシンに乗ってハンドルやアクセルを操作すると、車が猛スピードで走ったり、空中を滑空するVR映像が楽しめたりする。

日刊工業新聞2017年6月16日

昆 梓紗

昆 梓紗
06月16日
この記事のファシリテーター

マリカーのVR、体験してみたいですがちょっと恐怖もありますね。甲羅投げつけられたり、雷に打たれたりしたら思わず大声を出してしまいそうです。それにしてもVRを体験している様子の写真はVRの面白さが全然伝わってきませんね…

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。