川重、「MRJ」ライバルのジェットエンジン用燃焼器を初出荷

米P&W向け、民間用では初

 川崎重工業は米プラット・アンド・ホイットニー(P&W)の民間航空機用ジェットエンジン「PW1500G」向けの燃焼器(写真)を初出荷した。川重はこれまで防衛省向けエンジンの燃焼器を手がけてきたが、民間用は初めて。明石工場(兵庫県明石市)で生産した。今回の初出荷を皮切りに本格量産に入る。

 同エンジンはカナダ・ボンバルディアの次期リージョナルジェット「Cシリーズ」に搭載される。先進のギアシステムを採用し、従来機に対して16%の燃費改善を達成したほか、騒音も50%低減した。燃焼器はエンジンの中核部位で、性能向上に重要な役割を果たす。川重は燃焼器とともに、ファンドライブギアシステム(メーンギア)も担当する。

日刊工業新聞2017年6月8日

長塚 崇寛

長塚 崇寛
06月09日
この記事のファシリテーター

川重はブラジル・エンブラエルの次期リージョナルジェット「E2」シリーズ向けエンジン「PW1900G」の燃焼器も手がける。CシリーズとE2シリーズは、合計で600機以上の受注が確定。搭載エンジンも1200台以上の受注が決定している。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。