中高生とビジネスアイデアを考え、未来のイノベーションを体感しよう

 中高生とビジネスアイデアを考えるイベント『中高生と企業によるイノベーション創出に向けた取り組み』(主催:モノづくり日本会議、日刊工業新聞社)が23日開催される。学生たちが考え、企業と開発に取り組んだ商品が紹介される。学生生活で欲しいものは?部活で役立つモノは?そんな学生たちの真のニーズをつかめる機会。

【日時】2017年5月23日(火)15:00~17:00(受付開始14:30~)
【会場】新宿住友スカイルームRoom1(東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル47F) 
【スケジュール、プログラム】
■講演「モノづくり×デザイン思考×教育が育む新たな未来」
企業×中高生による共創プログラム「Mono-Coto Innovation」を体験しよう
株式会社Curio School 取締役 染谷 優作氏

■Mono-Coto Innovationの取組み・アイデア事例紹介

■デザイン思考を体験しよう。アイデア発想ワークショップ など
詳細
http://www.cho-monodzukuri.jp/event/c_event_list/637



中高生と企業が本気のモノづくり。大人顔負けの若いアイデアに刺激


 中学・高校生がチームで創造力を競う「モノコトイノベーション2016」(モノコト)の決勝大会が4月1日に開かれた。同イベントは中高生が8カ月かけてサポート企業と練り上げたプロダクトで競う。いずれも“子どものアイデア”と侮れないものばかり。若者の視点は企業への刺激になり、業務の視野を広げる契機にもなりそうだ。2回目の同大会だが、若者にモノづくりが根付いていくことを期待したい。

<優勝は運動部で使う大型の水筒「ジャグ」>

ニュースイッチオリジナル

昆 梓紗

昆 梓紗
05月19日
この記事のファシリテーター

中高生のアイデアや意見を聞くことで、マーケティングに役立つだけでなく、新たな気づきも得られそうです。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。