知多半島のセブン―イレブンに津波救命艇

 愛知県知多半島の南端、南知多町のコンビニ駐車場に4月、1そうの津波救命艇(写真)が設置された。同町は、南海トラフ巨大地震で最大約9・5メートルの津波が到達すると想定され、店長は「高齢者の避難に役立てたい」と話している。セブン―イレブン南知多内海店は、海岸から徒歩約10分の内陸部にある。津波救命艇は全長8・74メートルで、乗用車2台分のスペースに設置された。

 セブン―イレブン・ジャパンが3月末、高知県との協定を基に須崎桐間南店(同県須崎市)に設置したのが第1号。南知多町に続き、静岡県沼津市の1店舗にも設置が決まっている。

<関連記事>
セブン―イレブン、防災のキーマンが語る緊急時の最新ノウハウ(前編)
セブン―イレブン、防災のキーマンが語る緊急時の最新ノウハウ(後編)



日刊工業新聞2017年5月9日

明 豊

明 豊
05月09日
この記事のファシリテーター

さすが防災先進企業のセブン。セブンの防災の取り組みは関連記事でぜひ

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。