三菱自動車がSUV「エクリプスクロス」で女性をターゲットにする理由

燃費不正以降では初の新車、ブランド回復役も担う

 スポーツ多目的車(SUV)市場が活況を呈している。「RVR」や「アウトランダー」など、SUVに強みを持つ三菱自動車。新たな世界戦略車として、小型SUV「エクリプスクロス」を2017年秋から欧州に出荷を開始するほか、日本や北米など他地域へも展開する予定だ。

 外観には、スポーティさとダイナミックを併せ持つフロントデザインや、ハイテク感を表現した機能的なランプデザインなどを採用。内装では走行中でも姿勢を変えずに操作できるタッチパッドコントローラーなどを採用したことで、“スタイリッシュさ”を強く打ち出している。

 さらにアウトランダーと車台を共有しており最低地上高が高く、雪道や泥の多い道でも力強い走りを実現。商品企画部の鳥井敦史主任は「当社の従来のSUVは“男臭かった”が、(エクリプスクロスは)おしゃれでアクティブな女性にも好んでもらえるのでは」と、新たな顧客層開拓のツールとしても期待する。

 また同社にとり、16年に燃費不正問題が発覚してから初めての新型車という点でも大きな意味がある。鳥井主任は「日本でプレミアム感を訴求して売り込むことで、当社のブランドの回復・向上につなげたい」と意気込む。

日刊工業新聞2017年5月3日の記事から抜粋

明 豊

明 豊
05月04日
この記事のファシリテーター

消費者はそんなに甘くないですよ。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。