お肉だけではないんです!柿安本店が送り出す本格和菓子

本物そっくり「バナナ大福」を期間限定発売~今年は新味も追加~

 明治4年牛鍋屋として創業以来、145年の歴史を誇る肉の老舗、柿安本店(三重県桑名市)は、和菓子業態「柿安 口福堂」「柿次郎」の全国約180店舗で、2017年5月6日から本物そっくりで見た目も可愛らしい『バナナ大福(生チョコ)』を販売する。

 さらに今年は『バナナ大福(キャラメル)』と『バナナ大福(ミルク)』が新登場。『バナナ大福(生チョコ)』を第一弾とし、5月中旬に「キャラメル」、6月初旬に「ミルク」バージョンを順次展開。

 『バナナ大福』は、ほのかにバナナの香りがする滑らかな餅に、シュガースポット(完熟バナナの皮にできる茶色の部分)をココアで表現し、本物のバナナそっくりに仕上がっている。

“フルーツ大福シリーズ”からも『 “生”バナナ入り大福』発売


 同社の大福のなかでも人気No.1を誇る、いちごやぶどうなどのフレッシュフルーツを入れた “フルーツ大福シリーズ”にも、バナナを取りいれた新商品『生バナナ入り 大福』が登場しており。こちらは先月28日から全国の「柿安 口福堂」「柿次郎」約180店舗で販売されている。
 毎日、店頭でカットしたフレッシュバナナをバナナ餡とほのかにバナナの香りがする餅で包み込んだ、バナナ尽くしの一品だ。
『 “生”バナナ入り大福』

ニュースイッチオリジナル

松井 里奈

松井 里奈
05月03日
この記事のファシリテーター

同商品は2015年から期間限定で発売されており、ファンも多い商品のようだ。柿安は肉のイメージが強かっただけに、和菓子事業にも力をいれていたのは意外だった。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。