働くパパママ川柳、パパ目線賞には「パパ育児 一度は試す 父の乳」

大賞作品は「カバンには パソコンスマホ 紙おむつ」

 大賞作品は「カバンには パソコンスマホ 紙おむつ」―。オリックスグループは17日、募集していた第1回「オリックス 働くパパママ川柳」の入賞作品が決定したと発表した。大賞には神奈川県の42歳の女性の作品1句を選定。他にパパ・ママ目線賞各3句、優秀賞10句が選ばれた。

 同グループが1月から2月にかけて公募した。「働きながらの子育てはパパもママも朝から晩までフル活動。慌ただしい毎日だからこそ生まれる感謝の気持ちや、笑い話、ちょっと愚痴りたいこと」をテーマに作品にしてもらった。

 約1カ月の応募期間中に、全国の幅広い層から4万9623作品が集まった。30代から最も多くの作品の応募があり、約8割の作品が20代から50代の子育て世代から寄せられた。応募者の男女比率に差はほとんどなかった。

 パパ目線賞には「パパ育児 一度は試す 父の乳」、ママ目線賞には「欲しいのは 子供と主婦を もう一人」などが選ばれた。

日刊工業新聞2017年4月18日

明 豊

明 豊
04月18日
この記事のファシリテーター

個人的にはパパ目線大賞の作品が大好きです。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

PRmore

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。