東京・日本橋にオープンイノベーションと宇宙を感じられる場所が誕生

 三井不動産はベンチャー企業やフリーランス向けのコワーキングスペース、ビジネス交流の場である「31 VENTURES Clip ニホンバシ」を拡張した。東京都中央区日本橋本町3丁目に新たにビルを建設、移転し新装オープンした。
 同ビルの2、3階には超小型人工衛星を開発するベンチャー企業「アクセルスペース」が入居。開発および人工衛星の組立てを行う。

 「31 VENTURES Clip ニホンバシ」は100名規模のイベントが開催できるセミナースペースと、90席のワークスペース、会議室を設けている。2014年に前身の「31 VENTURES Clip ニホンバシ」が開設。利用者が増加したことから移転に至った。
ワークスペース

 アクセルスペースは2年ほど前から事務所移転を検討していた。もとから交流のあった三井不動産がテナントを紹介していたが、人工衛星開発に必要な条件を満たす物件がなかなか見つからず、「それならばビルを建設してしまおう」ということで、要件に合ったビルを建設した。新オフィスは人工衛星が運搬できる間口のエレベーター、同時に5機の人工衛星を組み立てられる広いクリーンルームなどが特徴だ。
 同社は今年3機の人工衛星の打ち上げを予定している。2022年までに50機の人工衛星を打ち上げ、地球上の画像データを安価に提供、農業やマーケティングなどに活用されるという。
アクセルスペースのクリーンルーム

 三井不動産では日本橋エリアでのベンチャー企業誘致に力を入れるといい、今後もベンチャー企業向けオフィスの建設などを予定している。

ニュースイッチオリジナル

昆 梓紗

昆 梓紗
04月18日
この記事のファシリテーター

「31 VENTURES Clip ニホンバシ」はご近所ということもあり、弊社も利用しています。イベントも盛んに行われていて、活発な交が生まれている場所です。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

PRmore

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。