“ナノ”花畑で発電効率アップ

有機太陽電池の実現を引き寄せるか

 ナノ花咲くと太陽電池の効率アップ―。有機分子で花のような結晶を作ると光エネルギーの吸収効率が向上した。ナノメートルサイズ(ナノは10億分の1)の花が課題の多い有機太陽電池の実現をぐっと引き寄せるかもしれない。

 物質・材料研究機構UCLAサテライトラボのジェシカ・ワング博士と、アダム・スティグ博士らは有機分子のテトラアニリンの結晶を基板から垂直に成長させることに成功した。ナノ花は光アンテナとして機能する。

 垂直成長で結晶の密度が増し、さまざまな方向からの光を吸収できるようになった。スティグ博士は、「結晶性を保ったまま垂直成長させることが難しい。成長をうまく制限する必要がある」と説明する。一面のナノ花畑が作られれば、発電効率がさらに向上するはず。

日刊工業新聞2017年4月6日

日刊工業新聞 記者

日刊工業新聞 記者
04月14日
この記事のファシリテーター

これも「美は、細部に宿る。」だと思いました。垂直結晶成長は簡単ではないので「神」も宿ってるかもしれません。
(日刊工業新聞科学技術部・小寺貴之)

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。