絶叫! 絶景! 爽快感!! 鳥肌コロシアム「マッスルモンスター」

アジア初上陸の新アトラクション、オープン!!!

 富士急行株式会社が神奈川県相模原市で事業展開する「さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト」に、2017年3月25日(土)、アジア初上陸の新アトラクション、鳥肌コロシアム「マッスルモンスター」がオープンした。

 崖にそびえ立つその姿に既存のアスレチックの概念を打ち破られる。

 そうなのだ。
 これは「アスレチック」。自分の身体を動かし、楽しむ施設なのだ。

 あえて山頂に建てたそうで、「マッスルモンスターはさがみ湖リゾートの特徴である大自然と起伏ある地形を最大限に活かし、園内で最も高い標高370mの山頂の、それも崖に迫り出すような位置に16.1mという高さで設置されます。あえて崖際という建設が困難な位置に建てるのは、マッスルモンスターの持つ『絶景』や『爽快感』というポテンシャルを最大限に引き出し、来場者に最高の体験を提供したいという想いからです」

マッスルモンスター:一眼レフを落とさないようにしながら撮影(体験者の視線)



 命綱は決して切れる事がない(絶対に落ちない)そうだが、それでも高所だ。楽しいながらも随所で悲鳴が上がる。

 導入を実現させた担当者は、何よりもまず、「日本で誰も見たことも体験したこともない施設ということに大きな魅力を感じた」そう。

 一本橋や自転車など92種類のアクティビティがあり、3階層+屋上展望台となっている。最大定員は120名で、身長120㎝から、体重120㎏の方まで幅広い層が楽しめる。

 身長120㎝と言えば、ジェットコースターの制限と同じくらい。子どもも楽しめ、一見恐ろしそうなアトラクション「マッスルモンスター」だが「3世代で楽しめる体験型複合型リゾート」を標榜する相模湖リゾートらしいアトラクションと言える。

 実際に体験した人に尋ねると「体験前は怖くて、体験している最中もどきどきしましたが、とにかく楽しい!」と朗らかに応じてくれた。

マッスルモンスター:一眼レフを落とさないようにしながら撮影(体験者の視線2)


ゴールデンウィーク、予定が未定の人は検討しても良いかも知れない。


メトロガイド

大庭 雅生

大庭 雅生
04月07日
この記事のファシリテーター

大人(入園+フリーパス)で3,900円。プレジャーフォレストはたくさん身体を使う遊びが充実しているので、フツーの遊園地では物足りない、または私と同様に「酔うから全然乗れないし」という方にいかがでしょうか。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

PRmore

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。