早大発ベンチャーが4腕・4脚の災害対応ロボット

フューチャーロボティックスが開発にめど

 早稲田大学発ベンチャーのフューチャーロボティックス(東京都新宿区、山川宏社長)は、4腕アームと4脚クローラーを持つ災害対応ロボットの開発にめどをつけた。4腕は独立制御で、それぞれに把持機や切断機、カメラなどのアタッチメントを取り付け可能。同社によると、4腕式の災害用作業ロボットは世界初という。発売時の価格は2000万―3000万円を想定。2019年度内の実用化を目指す。

 開発中の作業ロボット「オクトパス」の大きさは、長さ1800ミリ×幅1200ミリ×高さ1700ミリメートル、重さは1トン。ガソリンエンジン駆動で、最大登坂傾斜は30度にした。4腕アームは第1、第2関節を持ち、第1関節は360度旋回する。

 四つのアームを持つため、二つのアームで倒木などの通行障害物を持ち上げ、カッターなどを取り付けたアームで切断するといった複雑な作業ができる。アームに電荷結合素子(CCD)カメラを設置でき、遠隔操作も可能。倒木除去処理やがれきの分別処理などを想定する。

 放射線の影響を受ける制御系部を厚さ5センチメートルの鉛箱で被覆。毎時50ミリシーベルト以上の線量下で2時間作業しても耐えられる設計にした。操作レバーとディスプレーで構成する操作インターフェースをアタッシェケースに収納し、災害現場に持ち運べるようにした。

日刊工業新聞2017年4月5日

明 豊

明 豊
04月07日
この記事のファシリテーター

オクトパスは早稲田大学次世代ロボット研究機構、菊池製作所と共同開発。今後、高線量下での作業時間や操作性の向上、カメラの3次元表示などの改良に取り組むという。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。