すでに100億円を受注!ルネサス、中国・EV向け半導体の勝算

2020年にシェア50%目指す

 ルネサスエレクトロニクスは中国で電気自動車(EV)向け半導体を拡販する。高性能なEV向けモーター制御用半導体を売り込む意向で、すでに現地の自動車メーカーから累計100億円規模の受注を獲得した。2019年に量産を始める計画。まだEV向けの売り上げは少ないが、高精度に制御できる点を訴求し20年にモーター制御用半導体のシェアを50%程度にする。

 近年、中国政府はEVの普及を促進させている。こうした流れもあり、中国のEV市場は23年に16年比4倍に成長すると見込まれている。これに伴い、中国では地場や外資系の自動車メーカーからモーターを高精度に制御したいという要求が増えている。

 一方、ルネサスはマイコンとパワー半導体を協調させ、高精度に効率良く制御する技術を得意とする。現地のニーズを踏まえて高性能な製品を投入し、旺盛な需要を取り込む。

 同社は中国事業の売上高のうち、自動車向け半導体の割合が50%程度を占める。まだEV向けの売り上げは少ないが、複数の商談を進めて受注を獲得したという。2―3年後にも収益に寄与する見通しで、着実にシェアを伸ばしていく方針だ。

 同社は20年までの中期経営計画の中で、中国のEV市場でトップシェアを獲得する目標を掲げる。20年以降の成長も見据え、今後は事業拡大に合わせて体制の強化も検討する。

日刊工業新聞2017年3月24日

政年 佐貴惠

政年 佐貴惠
03月26日
この記事のファシリテーター

ルネサスは3月に「中国事業統括本部」を設立し、中国市場の深耕と攻略を本格化させている。20年の制御用半導体でシェア50%という目標は、現段階で商談を進めている案件で到達が可能そうだということ。これからのテーマは、さらにその先をいかに伸ばすかだ。中国では独特な市場の特性に合わせて、独自で事業開発できる体制も整える。研究開発機能なども今後、拡充していくことになりそうだ。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

PRmore

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。