日本最古と言われる銀座のスタンディングバーでお花見!

古き良き日本を楽しむイベント 第5回『夜酔い』を開催

 銀座に全品300円というバーがある。「GINZA 300BAR」だ。

 今となっては全品○○円、という業態は珍しくないが、「GINZA 300BAR」は1992年創業。「銀座で最も古いスタンディングバー」を標榜している。
バー、それも銀座と言えばお金がある人間のもの、という意識が強かった時代にスタートしたスタンディングバーはお酒と料理が気軽に楽しめるとOLやサラリーマンに愛され今年で25年を迎えた。

 3月初めにはカンティネロ(キューバ・バーテンダー協会)会長のフェルナンデス氏を招き、キューバンラム「ハバナクラブ」の歴史とラムを使ったカクテル作りを学ぶ。スペシャルゲストとしてキューバ駐日キューバ大使、カルロス・ミゲル氏もお越しいただいたそうだ。
自慢のモヒートはグループ内が経営する東北牧場(完全無農薬野菜を生産・販売)の敷地を借り、育てた無農薬のハーブを使用。
 「これだけ無農薬のハーブが入って300円は他店ではまずありません」
 夏季中心に、なんと年間40000杯のモヒートを販売しているそうだ。

 イベントも随時実施しており、3月25日~26日は「古き良き日本を楽しむ 第5回『夜酔い』」を開催予定。
 いつもはアメリカンスタイルのBARに和のカクテル・酒、和の肴、和の音楽、を取り入れ、二日間限定の異空間を演出する。
 店内には本物を含めた桜の装飾を施し、提灯の明かりで花見を楽しむ構図だ。
 スタッフも和装を取り入れ、細かい和の装飾含め、来店するお客様を楽しませてくれる。
イベントにおいて提供されるドリンク


「カクテルや料理を通して、日本の文化を若い世代や外国の方にも 再認識していただけるイベントにしていきたいですね」

 メニューは全て300円。一度訪れるともう1度訪れたくなる魅力と手軽さがそこにはある。

ニュースイッチオリジナル
銀座300BAR

大庭 雅生

大庭 雅生
03月17日
この記事のファシリテーター

夜酔いフードには「ふきのとうコロッケ」「夜酔いハンバーグ」「柚子チーズ&味噌チーズ」「いぶりがっことクリームチーズ」など充実の品ぞろえ。「これが300円!?」という驚きの1品もあります。3/25~26 古き良き日本を楽しむ 第5回『夜酔い』詳細に関してはhttp://www.300bar.com/yayoi/
https://www.facebook.com/events/1246683148754906
をどうぞ。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。