「とりあえずワイン、ジョッキで!」は定着するか

サントリーワイン、居酒屋にワイン提案

 サントリーワインインターナショナル(東京都港区、山崎雄嗣社長、03・5579・1000)は、居酒屋向けに、若者を対象にしたワインメニューの提案に力を入れる。赤ワインの「カルロロッシ」と「赤玉」を、それぞれロングジョッキに入れるオリジナルメニューを提案(イメージ)。「ロッシ」を冠したジョッキを、2017年末に4000店へ導入。また、ワインベースのカクテル「赤玉パンチ」の採用店舗数を、17年末に6000店と16年比2・4倍を目指す。

 安価なチリワインの販売が伸びて、同価格帯の国産ワインがマイナスの影響を受けている。同社は、これに加え「若者や女性など期待する新規ユーザーが缶チューハイに流れ、ワイン市場に入っていない」(山崎社長)と見ている。カルロロッシも赤玉も、バーや居酒屋といった業務店向けのイメージが強い。若者や女性をワイン市場に取り込むには、居酒屋などでの販売促進が必要と判断。視覚効果を高めた飲み方の提案に力を入れる。

 カルロロッシの「ロッシジョッキ」は、ワインをビールのような大型ジョッキに注ぐことで、視覚効果をアピール。赤玉パンチも炭酸割りで、飲みやすさを強調し拡販する。業務店向けに濃縮したコンク商品も販売する。

 国内ワイン市場は09年ごろから毎年、高い成長が続いてきた。だが、16年は同社の推定で前年比1%増と、伸びが鈍っている。

日刊工業新聞2017年3月10日

昆 梓紗

昆 梓紗
03月10日
この記事のファシリテーター

ジョッキでワインより、甘いお酒好きな女子にサングリアを訴求する方向性を推した方がいけそうな気がしますが…
個人的に「赤玉」と聞くと森見登美彦の『有頂天家族』を思い出します。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。