イチゴのストレスを減らす!宇都宮大発ベンチャー、触れずに傷検査できる装置開発

【宇都宮】宇都宮大学発ベンチャー、アイ・イート(宇都宮市、寺門孝社長、028・689・6328)はイチゴの周囲をカメラで撮影し、傷を確認して状態の良いイチゴを選別する装置を開発する。可食部に手で触れないため、イチゴのストレス低減にもつながる。2017年中に佐野農業協同組合(JA佐野)などで試作機を導入し、実証実験の実施を目指す。

 イチゴは収穫すると、通常は人の目で傷などを確認するが、高齢化や若者の農業離れなどで省人化が課題となっている。このため、カメラで傷を確認する装置を開発する。

 同社はグローカリンク(東京都新宿区、長谷川和宏社長、03・5227・4198)を引受先とする第三者割当増資を実施。500万円の出資を受けてており、一部を新たに取り組む傷検査装置の開発費用にあてる。

 アイ・イートは宇都宮大学の農工連携で14年に設立。イチゴの可食部に触れずに収穫できる個別包装容器「フレシェル」などを開発。イチゴは人の手やモノが接触すると傷む。同容器ではイチゴにストレスを与えないため、約2週間の安定輸送が可能。「フレシェル」と傷検査装置で、高付加価値と省人化を図り、イチゴ農家の収入増とレベルアップにつなげる。

 グローカリンクは科学・技術を生かしたベンチャー企業(VB)を発掘、育成するリバネス(東京都新宿区)の子会社。小口投資や経営支援などを手がける。

昆 梓紗

昆 梓紗
03月01日
この記事のファシリテーター

イチゴに一切触れず消費者まで届けることが可能になりそうです。一粒ずつ包装された高級イチゴは海外で一粒数千円の値がつくとか。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

PRmore

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。