バニラエア、LCC初の成田-函館就航

 バニラエア(VNL)は2月19日、成田-函館線の運航を開始した。1日1往復を運航する。同路線の開設は初めてで、函館へのLCC就航は、バニラが初となった。

 運航機材はエアバスA320型機で、1クラス180席。運航スケジュールは曜日により異なる。就航初日の19日の場合、函館行きJW953便は成田を午前11時55分に出発して、午後1時35分に函館着。成田行きJW954便は、午後2時20分に函館を出発し、午後4時に成田へ到着する。

 到着初便となったJW953便(A320)は午後1時37分、函館に着陸。176人(ほか幼児1人)が利用し、同41分に6番搭乗口に到着した。折り返しの成田行きJW954便は午後2時26分に函館を出発。173人(ほか幼児1人)が利用し、同38分に離陸した。いずれも運航乗務員2人、客室乗務員4人で運航した。

 バニラは前日の18日、成田-関西線の運航を開始。19日の函館線と合わせ、国内線5路線、国際線7路線の計12路線になった。3月18日には関西-函館線を、夏ダイヤが始まる3月26日からは関西-奄美大島線を、それぞれ1日1往復で開設する。奄美大島と函館の計4路線はバニラの単独路線で、成田-函館線は1978年5月20日の成田開港以来、初の路線となった。

運航スケジュール
成田→函館
JW953 成田(11:45)→函館(13:25)
*月火金日は10分遅発
*3/19は45分遅発
函館→成田
JW954 函館(14:05)→成田(15:45)
*月火金日は15分遅発
*3/19は45分遅発

吉川 忠行

吉川 忠行
02月22日
この記事のファシリテーター

函館初のLCCです。3月からは季節便で関空-函館就航も就航します。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。