女子ゴルフで沖縄を盛り上げ続けて30年、今年の「ダイキンオーキッド」は?

宮里藍ら地元出身が10人以上参戦、大会ロゴ入りジェットも就航

 ダイキン工業が主催するゴルフトーナメント「ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント」の大会ロゴの塗装を施した飛行機「ダイキンオーキッド・ジェット」が1月31日就航した。日本航空(JAL)が運航し、羽田―那覇や羽田―伊丹などの基幹路線で大会開催期間の3月上旬まで運航する。

 今年で30回目を迎えるダイキンオーキッドを記念し、開催地である沖縄のスポーツと観光振興をアピールする。大会ロゴ塗装のほか、機内誌にダイキンオーキッドの特集記事を掲載して取り組みを紹介する。

 27日から3月5日にかけてJALとグループの日本トランスオーシャン航空が運航する機体10機を追加し、基幹路線や那覇と離島を結ぶ路線でも運航する。

第30回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント
【開催日】
 3月2日(木)本大会第1日(予選ラウンド)
 3月3日(金) 本大会第2日(予選ラウンド)
 3月4日(土) 本大会第3日(決勝ラウンド)
 3月5日(日) 本大会第4日(決勝ラウンド)
【開催コース】
 琉球ゴルフ倶楽部(沖縄県南城市)
【賞金総額】
 1億2000万円
【主催】
 ダイキン工業、琉球放送



2017年2月1日付日刊工業新聞

宮里 秀司

宮里 秀司
02月13日
この記事のファシリテーター

3月の沖縄は暖かく、熱戦が期待されます。上田桃子選手や木戸愛選手といった人気選手とともに、沖縄県出身者も10人以上出場する予定です。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。