米インテル、アリゾナ州の最先端半導体工場に70億ドルを投資

クルザニッチCEOがトランプ大統領に表明

 米インテルは8日、アリゾナ州チャンドラーの半導体工場に70億ドル(約7840億円)以上の資金を投じると発表した。ブライアン・クルザニッチ最高経営責任者(CEO)が同日、ホワイトハウスでのトランプ米大統領との会談で明らかにした。この投資により、7ナノメートル(ナノは10億分の1)の製造プロセスに対応する次々世代マイクロプロセッサーの生産が可能になるという。

 インテルによれば、現在、建設が進められている「ファブ42」は世界最先端の半導体量産工場。3-4年後の完成時には、約3000人の新たな直接雇用が生み出され、長期的・間接的には1万人の雇用をアリゾナ州にもたらすとしている。ファブ42で生産される7ナノプロセスの半導体は、高性能コンピューターやデータセンター、センサー、モバイル機器、人工知能(AI)など向けに供給される予定だ。

 クルザニッチCEOは声明で「インテルの事業は成長を続け、その生産設備や研究開発への投資は、(1年半から2年で半導体の集積度が2倍になる)『ムーアの法則』の継続を確かなものにする。それが世界のイノベーションを促進する」と大型投資の意義を強調。

 一方で、インテルは先ごろ、他のIT企業など約100社と連名で7カ国の国民の入国を禁じる大統領令に反対する意見書をサンフランシスコの連邦高裁に提出し、トランプ政権の移民政策に異を唱えたが、今回は「この工場は半導体産業で米国が確固たる地位を保つのに役立つ」(クルザニッチCEO)とし、トランプ大統領の「アメリカファースト」の政策に沿って、米国の経済成長や雇用創出効果をアピールした。

 同社の資料によれば、インテルはハイテク企業としては米国最大となる51億ドル(2015年)の設備投資を行い、米国内で5万人以上を雇用。さらに121億ドル(同)のグローバル研究開発投資は世界3位で、生産および研究開発の拠点の大半は米国内に立地している。

2017年2月9日付日刊工業新聞電子版
インテルの発表

藤元 正

藤元 正
02月09日
この記事のファシリテーター

これに対し、トランプ大統領はツイッターで、「ありがとう、クルザニッチCEO」だそうです。いやはや。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。