<リノさんのロボット社会論#32> 超ロボットの分野で日本は世界最高のイノベーターか

◆アキハバラニュース・エディター リノ・J・ティブキー◆(後半に原語の英文)

 富士通、日立製作所、ホンダ、川崎重工業、コマツ、京セラ、三菱電機、NEC、パナソニック、ルネサスエレクトロニクス、セイコーエプソン、ソニー、東芝、トヨタ自動車、安川電機。

 もちろん、これらはすべて日本企業だ。しかし、それ以外で15社に共通点はあるだろうか。この連載コラムとの関連からすれば、これらはいずれも独自のロボットを手がけているか、傘下にロボットのベンチャー企業を持つか、部品を製造するか、あるいはロボット産業で欠かすことのできない重要な技術を開発している。しかし、そんな話は目新しくも何でもない。より興味深い事実は、これらの会社が、世界でもっとも革新的な企業・研究機関100社に選出された日本の34社に含まれているということだ。

「トップ100」で世界2位


 「トップ100グローバル・イノベーター」は、国ごとの特許の出願数や取得数、それら特許のグローバル市場での収益への貢献度について毎年刊行されるレポート。1月発表の2016年版によれば、国別で日本は米国に次いで2番となった。このリストは米クラリベイトアナリティクス(旧トムソン・ロイターIP&サイエンス)が発表しており、重宝されるのは発明数とその有用性を追跡調査しているため。一方で、日本についてはその核心的な部分を明らかにしている。

信じられないイノベーション


 日本が世界2位の地位を占めることは自明かつ自然であり、あるいはそうなくてはならない義務のようにも思われる。結局、日本は戦後の半世紀以上の間に世界のグローバルリーダーの地位に上りつめ、しかもロボットがその大きな部分を占めているという事実には合点がいく。しかし、評価すべきことはもっとある。

 人口では世界の1.8%に過ぎないにもかかわらず、日本は現在、世界で高い評価を勝ち得ている科学技術関係機関の34%を生み出している。第1位の米国は日本の2.5倍の人口を持ち、経済規模は4倍もあるが、日本に比べ、このリストでは5社、つまり5%上回っているのに過ぎない。ここで、国民1人当たりという観点から科学とイノベーションを見た場合、日本は信じられないぐらい、ぶっちぎりで世界ナンバーワンだという、あまり広く知られていない現実が浮かび上がってくる。

 さて、今回の誘導尋問に答えてみよう。発明やその有用性から判断して、そう、これら15社の共通点は超ロボットという点にある!
(隔週水曜日に掲載)

略歴】Reno J.Tibke ロボット、サイバネティクス、人工知能についての民間研究家兼評論家。Anthrobotic.comの創設者であり、国際的なロボットニュースサイト「ロボハブ」(Robohub.org)の創設メンバーかつ執筆者。東京を拠点とするアキハバラニュース(AkihabaraNews.com)のエディターでマルチメディア映像制作プロダクション「デジタルハブ」(DigitalHub.JP)共同創設者。米モンタナ州出身。


Mr. Reno's Robot Society #32

In Robotics and Beyond, is Japan the World’s Greatest Innovator?



Fujitsu. Hitachi. Honda. Kawasaki. Komatsu. Kyocera. Mitsubishi.
NEC. Panasonic. Renesas. Seiko Epson. Sony. Toshiba. Toyota. Yaskawa.
They’re all Japanese, of course, but what else do these 15 companies have in common? Of relevance to this column’s discourse, they all have either a proprietary robotics initiative, are majority owners of smaller ventures (or both), or they manufacture components or otherwise develop technologies essential to the robotics industry. But that information is hardly news - what’s more interesting is that these 15 are among a total of 34 Japanese entities present on a recent list of the world’s 100 most innovative companies and institutions.

The Top 100 Global Innovators report, a yearly publication that tracks individual nation-states’ number of patent applications, approvals, and their subsequent performance on a global scale, places Japan second only to the United States. The list is compiled by Clarivate Analytics, formerly known as Intellectual Property & Science, also formerly a division of Thomson Reuters (download the full report, in English, here: http://bit.ly/top-100-2016). Its essential utility is tracking the number and usefulness of inventions, but it also reveals something profound about Japan.

Almost Unbelievable Innovation


Japan holding the #2 spot might seem an obvious, natural ranking, even obligatory. After all, Japan began rising to the position of global technology leader more than half a century ago, and that robotics is a very large part of it all makes sense. However, there is much more to appreciate here.

With its population comprising a mere 1.8% of humanity, Japan currently produces 34% the world’s most highly regarded and accomplished scientific and technological entities. At the #1 spot, the U.S. has a population more than 2.5 times that of Japan and an economy more than 4 times as large, yet it exceeds Japan’s ranking by only 5 companies or institutions, or 5%. This reveals a broadly underappreciated reality: when it comes to science and innovation, on a per-capita basis, Japan actually leads the world by an incredible, almost unbelievable margin.

And so, to answer this week’s leading question:


Judging by its inventions and their usefulness: Yes - in robotics and beyond!

Reno J. Tibke is a generalist researcher and commentator on robotics, cybernetics, and nonbiological intelligence. He is the founder of Anthrobotic.com, a founding contributor at Robohub.org, editor at AkihabaraNews.com, and co-founder of Tokyo-based multimedia production firm DigitalHub.JP.

2017年2月8日付日刊工業新聞ロボット面
クラリベイトアナリティクスの「Top 100 グローバル・イノベーター 2016」

藤元 正

藤元 正
02月08日
この記事のファシリテーター

世界の34%というのは確かにすばらしい! ですが、まあ、So far so good.(これまでは順調だったね)というところでしょうか。ロボットでも手術ロボットやドローンでは海外勢が先行するほか、頭脳部分にあたる人工知能(AI)も米国、中国などに後れをとっています。そうしたことから、日本企業は上記の記事に出てくる超ロボット、つまり従来のロボットを超えた分野に率先して取り組んでいく必要がありますし、慢心している余裕はまったくないでしょう。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。