ソフトバンクグループ会社、新卒でいきなり管理職手前スタートも

情報セキュリティーなどを対象に“飛び級”採用、給与35%増し

 ソフトバンク・テクノロジーは優秀な実績を持つ新卒採用者を対象に、入社直後に管理職手前の階級に配置する制度を導入する。初任給は通常の大学新卒比で最大35%増となる。情報セキュリティー技術を競う大会の入賞者らを想定し、高い階級を付与して早期の活躍を促す。2018年の採用から適用し、年間で最大30人程度を採用する予定。IT業界は人材不足が深刻化している。売り手市場の採用環境の中で、優秀な人材をひき付ける訴求力にする。

 新制度は「グレードスキップ制度」。競技会の入賞や起業、民間非営利団体(NPO)の立ち上げなどの経験を持つ新卒者を募集する。高等専門学校卒業以上の学歴を持つ28歳未満の学生で、就業経験がないことが条件になる。

 同社は13年4月に人事評価を、経験を中心とした評価から、役割に対する成果や実績を中心とした評価に改めた。評価時期も年1回から2回に増やし、優秀な人材は昇進しやすい環境を整えた。社員が挑戦し、成長しやすい仕組みに変え、企業の成長につなげる。同様の考え方を新卒採用にも反映させる。
<全文は日刊工業新聞電子版に会員登録して頂くとお読みになれます>
                  

日刊工業新聞2017年2月8日

明 豊

明 豊
02月08日
この記事のファシリテーター

う~ん、これはどうなんだろうか。必ずしも技能だけが対価に反映されるわけではないと思うが。人間性を含め雇用されるはず。就業経験がないことが条件になっているが、社会人経験がないという人材にいきない高い報酬というのもリスクがある。高度人材の不足が深刻であるならば、やはり国家として一定の移民を受け入れることを真剣に考えるべきではないか。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

PRmore

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。