日産、人事管理システムを世界で共通化。仏ルノーとも検討

米ワークデイのクラウド型ソリューションを活用

 日産自動車は9月までに全世界の拠点で人事管理システムを共通化する。日本、欧州、北米など導入済みの地域に加え、アジア、オセアニア地区の拠点でも同じシステムを運用できる体制にする。アライアンスを組む仏ルノーともシステムを共通化する検討を始めた。全世界の拠点で人材管理や業績評価の仕組みを一元化し、多様な人材の活躍につなげる。

 日産は米ワークデイが提供するクラウド型人事ソリューション「ワークデイヒューマンキャピタルマネジメント」を各拠点に導入する。

 全世界で人材の評価項目を共通化し、従業員情報を共有できるようにする。個人の能力に合わせた最適配置や地域間交流などに役立てる。

 従来は地域ごとに大きく三つの異なるシステムを運用していた。日本では北米などに続き、2015年10月から本格的な運用を始めた。ラジュ・ヴィジェイグローバルデジタル人事部門本部長は「優秀な人材を継続的に育成できる仕組みが整う」と導入の意義を述べた。

日刊工業新聞2017年2月6日

明 豊

明 豊
02月07日
この記事のファシリテーター

日産が日系グローバル企業として国内で初めてワークデイを導入することはすでに発表されている。「人材管理や業績評価の仕組みを一元化」と書いてあるが、グローバルにはそう簡単ではない。何をどうするのか?この記事からはよく分からないが、システム的な問題を含めそれをルノーまで広げるのは現実的には難しいだろう。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。