ユニーファミマ社長、突然の辞任に何が?

後任には伊藤忠副社長

 ユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)は3月1日付で高柳浩二伊藤忠商事副社長(65)が社長に就任する。上田準二社長(70)は取締役相談役に退く。同社はファミリーマートとユニーグループ・ホールディングスが合併し、2016年9月に発足した。上田社長は合併の目的達成のめどが立ったとし、「昨年12月に70歳を迎え、第一線から退くことにした」と説明した。

 高柳氏は総合スーパーのユニーについて「(不採算店の)閉鎖数は統合時の計画の40より増えると思う」とする一方、新業態のモデル店舗を設ける考えを示した。サークルKサンクス店舗のファミマへのブランド転換終了も前倒しする意向。伊藤忠商事によるユニー・ファミマHD子会社化は否定した。

【略歴】高柳 浩二氏 75年(昭50)早大理工卒、同年伊藤忠商事入社。08年常務、12年取締役専務執行役員、15年取締役副社長執行役員、16年ユニー取締役を兼務。静岡県出身。


≪高柳氏の素顔≫


 1月19日に伊藤忠商事で受けた4月1日付人事は“伊藤忠副会長”。「結構いいなと思っていた」が、その数日後に岡藤正広伊藤忠社長からユニー・ファミマHD社長の後任に指名された。「顔も大きいが存在感も大きい上田さんの後は大変」と前置きしつつ、伊藤忠でエネルギー、生活資材・化学品、食料など多彩な部門を経験した「異色の経歴を生かしたい」と意気込む。

 2015年に伊藤忠の食料カンパニープレジデントに就き経営統合を支え、16年5月からユニー取締役。GMSについては「難しい業態。意識を変えないと人は集まらない」と危機感をにじませる。

 社長就任を発表した3日は節分で「ファミマの恵方巻きを食べてきた。ユニー・ファミマHD本社は伊藤忠本社の北北西にあり、良いと思った」。

 家族は妻、息子2人、孫4人。趣味は日曜大工と模型づくり。
(文=江上佑美子)

日刊工業新聞2017年2月6日

森谷 信雄

森谷 信雄
02月06日
この記事のファシリテーター

上田さんはユニーグループ・ホールディングスとの経営統合という大仕事を成しとげ金字塔を打ち建てました。しかし、もう少しやれたのではないかと思うのは私だけでしょうか。あるいは新社長の高柳さんは伊藤忠商事からの何かの使命を帯びている?

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

PRmore

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。