自転車専用のステンレス魔法瓶

サーモス、樹脂ボトル主流の市場に挑戦

 魔法瓶メーカーのサーモス(東京都港区、中條啓一郎社長、03・5730・0130)は、同社初となる自転車専用に設計したステンレス製魔法瓶「サーモス 真空断熱ストローボトル(FFQ―600)=写真」を発売した。自転車用ボトルケージに装着できる。容量は600ミリリットル。本体重量は270グラム。消費税抜きの価格は3600円。色はホワイトとブラックの2色。自転車専門店やインターネットの公式サイトで販売する。

 2020年の東京五輪・パラリンピックを控え、ロードバイクやクロスバイクといった自転車の人気が高まっている。自転車向けは樹脂製のボトルが主流だが、「新しいチャレンジ」(マーケティング部商品戦略室企画課の樋田望第2グループリーダー)として、保冷力に優れるステンレス製のボトルを投入する。若い女性や中高年など自転車を楽しむ幅広い層を対象に、水分補給時の需要を取り込む。

日刊工業新聞 2017年2月2日

斉藤 陽一

斉藤 陽一
02月03日
この記事のファシリテーター

 意外とステンレス製の方が自転車のデザインにマッチするかもしれませんね。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。