スポーツ観戦に朗報!スマホでグッズや食事のお得なクーポンを手軽にゲット

パナソニックグループのPOSシステムが複数のスタジアムで稼働

 パナソニックインフォメーションシステムズは、野球場など複数のスタジアム運営会社からスタジアム用の販売時点情報管理(POS)システムを相次ぎ受注した。2015年4月までに、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)などで同システムが稼働した。16年完成予定のサッカーJリーグ・ガンバ大阪の新スタジアム(大阪府吹田市)での採用も決まった。受注額は明らかにしていないが、20年には集客施設向けシステムの累計納入数を現在の20件から100件に増やす。

 スタジアムのグッズや飲食物などの販売動向は天候や季節などの外部要因に加え、試合の対戦相手や対戦成績といった独特の事象にも左右される。スタジアム用POSシステムはこれらの多様な情報を関連づけして販売を予測し、機動的な品ぞろえなどをサポートする。来場客のスマートフォンなどに、効果的なクーポンも発券できる。

 パナソニックインフォメーションシステムズの集客施設用システム事業は、博物館やレジャー施設用チケット販売管理システムが中心。今後はスタジアム用POSシステムも新たな柱に育てる。同事業の売上高は公表している13年度が約1億円。15年度には10億円超に伸ばす。

 同システムはスキー場やスタジアム周辺の複合施設、ホテルなどにも用途を広げる。スマホとの連携で観戦しながら飲食物を注文したり、電子看板(デジタルサイネージ)にかざすとより深い情報が入手できたりする機能の追加も検討する。

 同システムはPOS端末や決済端末、ゲート、ディスプレーなどの機器やソフトウエアなどで構成。スタジアムで使う機器は通常、運営会社が資産保有するケースが多い。だが同社は機器費用も負担し、顧客は売上げに連動したサービス料を支払う事業モデルにしている。顧客の導入初期費を低減することで、差別化を図っている。

日刊工業新聞2015年05月27日 電機・電子部品・情報・通信面を一部修正

斉藤 陽一

斉藤 陽一
05月28日
この記事のファシリテーター

 野球はサッカーのように制限時間があるわけではなく、3時間足らずで終わる試合もあれば、5時間を超えるケースもあります。当然、試合時間の長短が物販(特に飲食物)に与える影響も大きく、物販業者にとって仕入れ量をどうするかの判断は容易ではありません。こうした状況をPOSでどこまでカバーできるのか。例えば「この日の試合はエース級のピッチャーの投げ合いでテンポ良く進み、早く終わる可能性が高いので、食材の仕入れは少なめにする」といった精度の良い予測が可能になれば、業者にとって大変参考になるはず。試合があまりにも早く進んでしまったときに、緊急割引クーポンを発行して、余りそうな食材を少しでも売りさばく、といったことも可能になれば、業者も大助かりですし、観戦者にとっても嬉しいかぎりです。

この記事にコメントする

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。