これで酔っ払っても大丈夫?ホームからの転落防止は直角ベンチで

JR西日本や大阪市交通局が椅子の向きを90度変える

 酔客のホームからの転落事故を防止しようと、JR西日本や大阪市交通局が駅のベンチの向きを90度変える(写真)という「コロンブスの卵」的発想に基づく取り組みを進めている。

 JR西安全研究所と大阪市営地下鉄を運営する同市交通局が共同で、防犯カメラの映像などから酔客の転落例136件のパターンを分析した。その結果、酔客の動きが確認できた82件のうち、「線路に向かって歩いて転落」が47件と6割近くを占めていることが判明。「ホームの端で立ったり座ったりしている状態から転落」が23件、「ホーム上を線路に沿って歩いて転落」が12件だった。

日刊工業新聞2017年1月11日

明 豊

明 豊
01月11日
この記事のファシリテーター

ホームドアを設置よりコストはかからないが、意外と面倒な作業なはず。地道な取り組みで面白い。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。